よみうりカルチャーで絵画教室の講師をはじめてから1年が経過しました。

はじめは荻窪のみでしたが、現在は北千住と恵比寿も含め
3カ所のセンターで授業を行っています。

みなさん水彩やパステル、アクリルなどで風景画を多く描かれています。

よく通いはじめの生徒さんで
「私は基礎が無いのでデッサンから始めた方が良いでしょうか」といって
石膏像や花瓶などを物色する方がいらっしゃいますが、私は「好きな物を
描いてください」と言っています。

というのも、デッサンはなにも石膏像や静物画でしかできないわけではないので、
自分が描きたいと思うモチーフを描く行程で、デッサンも習得していけば良いと
思うからです。

もちろん、美大受験生のようにデッサンのみを集中してやりたい!とか、
石膏像が上手く描けるようになりたいんです!という方は例外ですが。。

教室にいらっしゃる生徒さんの多くは、趣味やリハビリ、老後あまり外出
できなくなった時でも1人の時間を楽しく過ごせるように、などと
いった理由で通われています。

なので、自分はまだ未熟だからといって描きたくもない真っ白な石膏像や
静物なんかを無理に描くのではなく、どうせなら描きたいものを楽しみながら
習得していただきたいですし、「好きこそものの上手なれ」で結果的に
それが上達へのいちばんの近道になると私は身をもって感じています。

教室に通えなくなくなっても、その気になれば絵はどこででも描けます。
おひとりで描いている時にふと、教室で習ったことや試行錯誤して仕上げた
作品の制作途中で聞いたアドバイス、たわいもない会話など思い出しながら
「ふふふ」となっていただけたら本望です。

R0018008-2