Skip to Content

2019年 竹尾バナーカレンダー発売のお知らせ

Written on 10月 12, 2018 at 4:43 PM

2019年カレンダー発売のお知らせです。紙の専門商社・株式会社竹尾さんが毎年つくられている「バナーカレンダー」の原画に採用いただき、今年はそちらのカレンダーの販売を予定しております。

今月25日より松屋銀座にて開催いたします「気まぐれ猫街物語」展の会場や、下記店舗・ウェブサイトにてお求めいただけます。

■取り扱い店舗:竹尾見本帖本店1Fショップおよび青山見本帖淀屋橋見本帖福岡見本帖
(福岡見本帖のみ10月中旬より販売開始)
■ウェブストア:http://takeopaper.com/special/bannercalendar_2019/index.html

採用いただきました作品「朝の港」は、朝日を浴びながら横浜港へ帰港する「にっぽん丸」を
モデルに描きました。2019年の日々を明るく、穏やかな心で過ごせますように…という想いが込めてられています。こちらの原画も猫街物語展にてご覧いただけます。

●2019年 竹尾バナーカレンダー仕様
スマートな縦型(100×560mm)全8種類(絵柄は通年1柄) 価格500円+税
1部毎に定形の封筒に絵柄面2つ折で入っており取り扱いが簡単です。定形郵便物として(25g以内 / 82円)経済的に送ることができますので、グリーティングカードや、ご進物にもおすすめです。
カレンダー詳細は、竹尾さんのウェブサイトをご覧ください。(猫街物語展でのカレンダー販売は、「朝の港」の絵柄のみとなります)

——————————————————-
※「東京遊覧四季だより」シリーズお休みのお知らせ※
ここ数年、2020年の東京オリンピックに向けて毎年秋に継続開催しておりました「東京遊覧四季だより」シリーズの12連作の原画展および翌年の12枚組カレンダーの制作は今年1年、お休みさせて頂くこととなりました。また来年、2019年の秋にシリーズ最後となります原画展(VOl.4)の開催を予定しております。そちらに合わせ、2020年のカレンダー制作もスタートしておりますので、どうぞ楽しみにお待ち頂けましたら幸いです。
——————————————————-

次回展示予告
◎気まぐれ猫街物語展~若手女性画家三人展~ 松屋銀座8階イベントスクエア◎
■会期:2018年10月25日(木)~30日(火)※6日間
(初日12:00会場/最終日17:00閉場 
   10:00~20:00 ※28日(日)は19:30まで
■会場:松屋銀座8階イベントスクエア ※作家全員全日程在廊予定
http://www.matsuya.com/m_ginza/
■お問い合わせ:03-3567-1211(大代表) 松屋銀座7階遊びのギャラリー内(2748)

私は猫の作品と普段の風景画も併せて約30点の油彩画・パステル画を出品予定です。
今回は過去最大サイズの連作ニャンコ(20号・70センチ大)にも挑戦しました。
画面の半分に純金箔を使用し、画中の猫は阿吽をイメージした対の2作品となっています。
その他、肖像画のように描いた猫美神シリーズ3部作など、新たなテイストの作品も展示予定です。
今年最後の展覧会、ぜひお足運び頂けましたら幸いです。

妃香利

※現在、DM発送の準備に入っております。
DMをご希望のお客様はコンタクトページよりご連絡ください。

DMが完成しました

Written on 9月 27, 2018 at 5:46 PM

猫街物語のDMが完成しました。
久しぶりに松屋さんのイベント会場での展示なので、DMも気合が入っております。
今回のテーマはズバリ「猫・大正ロマン・二刀流」です。
イベントもありますので、ぜひ遊びに来てください♪

展覧会まで1カ月を切りましたので制作の方も頑張らなきゃなのですが、
急に寒くなったせいか一昨日あたりから風邪っぽく・・・
昨日は喉痛と熱で1日ダウンしておりました。。

最近ちょっと出かけると何かしらもらってくるので外出が恐ろしくて
なるべく控えておりますが・・・ほとほと軟弱な自分にうんざりしてきました。。
強靭な肉体が欲しい・・・(;_;)

タンスから冬用の作業着(モコモコズボン・モコモコフリース・モコモコ靴下)と
羽毛布団を引っ張りだし・・・完全防備で気合いを入れなおしております。。

皆様も体調などくずされませんよう、自愛くださいませ。

◎気まぐれ猫街物語展~若手女性画家三人展~ 松屋銀座8階イベントスクエア◎
会期:2018年10月25日(木)~30日(火)※6日間
(初日12:00会場/最終日17:00閉場 
   10:00~20:00 ※28日(日)は19:30まで
会場:松屋銀座8階イベントスクエア ※作家全員全日程在廊予定

http://www.matsuya.com/m_ginza/

猫の作品をメインに大作~小品まで約60点の作品を展示いたします。
私は猫の作品と普段の風景画も併せて約20点の油彩画・パステル画を出品予定です。
ご来場お待ちしております。

秋の展覧会「気まぐれ猫街物語」

Written on 9月 12, 2018 at 1:25 AM

9月に入り、ようやく過ごしやすい気温になってきました。。
水戸の個展が終わり、身体を休めつつ・・・
なかなか動かない身体にムチをたたき、
今年最後の展覧会の準備に入っております。

今年最後の展覧会は猫をテーマにした3人展になります。
先月末、DMの写真撮影に行ってまいりました。
台風が続き天候が心配でしたが、みごとな晴天となり
猛暑の中、お着物で撮影してまいりました。。

 
(暑すぎてスイッチ切れ・・・)

開催にあたり3人で打ち合わせを行い、DMの雰囲気を
「大正ロマン」っぽくしようとなりまして
今回のDMはイラストレーターでレトロマッチの
デザインも手がけるkaden(かでん)さんとのコラボレーションデザインにすることに。

着々とDMデザインが進んでおり、出来あがりが楽しみです♪
展覧会は10月25日より、松屋銀座8階イベントスクエアにて開催いたします。
(現在、特大ニャンコ制作中・・・汗)

~気まぐれ猫街物語 3人展~
会期:2018年10月25日(木)~30日(火)※6日間(初日は12時開場、最終日は17時閉場)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア ※作家全員全日程在廊予定

出品作家:井上 雅未花(黄金テンペラ)、若菜 由三香(パステル)、妃香利(油彩)
猫の作品をメインに大作~小品まで約60点の作品を展示いたします。
私は猫の作品と普段の風景画も併せて約20点の油彩画・パステル画を出品予定です。
◎土日はイベント開催を予定しております。詳細は後日掲載いたします。
http://www.matsuya.com/m_ginza/

ご来場ありがとうございました

Written on 8月 16, 2018 at 6:38 PM

水戸京成百貨店での個展ぶじに終了しました。
ご来場いただいた皆さまありがとうございました。

はじめての会場さんで初日から台風直撃&お盆期間中の開催ということもあり大丈夫かな…と
心配でしたが、嬉しい出会いがたくさんありとても有り難く、楽しい一週間でした。

お忙しい時期に暑いなか駆けつけてくださった皆さま、あたたかく見守ってくださった
会場の皆さまに感謝いたします。

会期中にいただいた様々なお言葉を励みに、またがんばります。

   

茨城新聞

東京新聞

読売新聞

毎日新聞

朝日新聞

他、産経新聞様にも個展のご紹介記事を掲載いただきました。

会期中は新聞を見てご来場くださった方もたくさんいらっしゃいました。
ご紹介ありがとうございました。

8月・個展のお知らせ(水戸京成百貨店初開催)

Written on 7月 22, 2018 at 8:49 AM

来月、8月9日~15日まで個展を開催いたします。

水戸京成百貨店さんでは初開催となります。
夏に個展をすることも初めてなのですが、今回はサブタイトル~涼風の情景~ということで
水辺の風景や夏らしい作品を中心に大小30点ほどの油彩画・パステル画を出品いたします。
また、今回は水戸の千波湖を現地取材して描いた新作も出品予定です。
連日大変な暑さが続いておりますが、心身ともに涼やかな風を感じて頂けましたら幸いです。

会期中は毎日、終日会場に在廊しております。
休憩などで席をはずしていることもありますので、その際はお気軽に
会場スタッフまでお声がけください。近くにおりますので直ぐに戻ります。

皆様のご来場をお待ちしております。

■妃香利 絵画展 ~涼風の情景~ 京成百貨店(茨城・水戸)
◎会期:2018年8月9日(木)~15日(水)※最終日17時閉廊(全日程在廊予定です)
◎会場:京成百貨店 6階アートギャラリー2

http://www.mitokeisei.co.jp/index.html

イギリス滞在と入院

Written on 6月 30, 2018 at 4:47 PM

実は先週、イギリスから帰国後に急性扁桃炎で1週間ほど入院してしまいまして…
先日やっと退院してきました。
今はだいぶ元気になり、落ちた体力の回復に勤しんでます…(;´∀`)

ここ何年か喉のトラブルで長期寝込むこと多く、どうも過労や年齢的なものもあり
扁桃腺の免疫力が慢性的に低下してたようでした。。

年齢を重ねるごとに生活習慣や仕事の仕方を見直さないといけないと言われ…
今月はイギリス滞在も含め人生スパンで色々と考えを改める良い機会になりました。

イギリスでは天候にも恵まれ、朝から晩まで四方八方…ほんとに素晴らしい風景を
たくさん堪能することができました。

リスやウサギ、キツネや白鳥、鹿や羊…さまざまな動物達が当たり前のように人や自然と共存していて。
ちょっとした小道や丘、川や湖、建物や動植物、ころころと変化する空の色や雲の形…
目に入ってくるものすべてがドラマチックで、本当に感無量な2週間でした。

美術館やギャラリーも名作揃いで、特に楽しみにしていたテート・ブリテンの
ウィリアム・ターナーのブースは、想像していた以上の壮大な傑作が揃っており、
胸がいっぱいになってしまいました。。

旅の最後に訪れたスコットランドのエディンバラでは中高の同級生宅に泊めてもらい、
つかの間の再会と愛情たっぷりの日本食で心身ともに元気をもらいました(^^)

今後は少し身体を労わりながらペース配分を調整しつつ、お仕事していければと思います。

イギリスに行ってきます 5/31~6/16

Written on 5月 31, 2018 at 10:37 AM

今日から16日まで、息抜きと新作づくりの取材もかねてイギリスに行ってきます。

海外へ行くのは7~8年ぶり。
イギリスは初めてなのでとても楽しみです。

ロンドン → コッツウォルズ → ストーク・オン・トレント → 湖水地方 → エディンバラ
というルートで周ります。

美しい風景や街並み、美術館など・・・思う存分堪能してきたいと思います。

余裕があればSNS等でイギリス滞在の様子を発信できればと思います。

●フェイスブックページ
https://www.facebook.com/art.hikari

●インスタ
https://www.instagram.com/hikari.tokidoki/

※滞在中も朝晩1日2回は必ずメールを確認しております※

水戸へご挨拶に・・・

Written on 5月 16, 2018 at 11:36 PM

横浜山手の猫の展覧会、無事に終了いたしました。
ご来場ありがとうございました!

猫展搬出の前の日、8月に個展でお世話になる水戸の京成百貨店さんへご挨拶に伺ってきました。
ちょうどイタリアの風景を描く先輩作家の毛利さんが個展をされていたので色々とお話うかがいつつ、
じっくり拝見してきました♪ 新作含め力作揃いでした(^^)

8月の個展でどんな作品を準備しようかなと考えながら帰宅しました。

そういえば、これまで個展は春と秋にしか開催したことがなかったので、
夏の個展ははじめてなんですよね。がんばります(^^)

【次回展示予定】
◎会期:2018年8月9日(木)~15日(水)※全日程在廊予定
◎会場:水戸京成百貨店 6階アートギャラリー2

http://www.mitokeisei.co.jp/

4_n

8_n

猫の展覧会●開催中●

Written on 5月 4, 2018 at 9:27 AM

現在、横浜で開催中の「猫の展覧会」へ出品中の作品とプロフィールについて
ギャラリーブログでご紹介いただきました☆

●ギャラリーブログ●
https://ameblo.jp/agyamate/entry-12373168030.html

DSCF9934-2

また、4月30日の東京新聞(かながわインフォメーション)でも展覧会情報と
作品をご紹介頂きました。真ん中に大きく寝そべっているのがうちの子です・・・w
原画はハガキサイズのパステル画「陽気な日」です。

burst

先月の個展後にこじらせた風邪がようやく治ってきました。
最近、咽の痛みから始まり鼻・咳・気管などへと長引く風邪がはやっているそうなので
みなさんもお気をつけください~

猫の展覧会は14日(月)17時までです。
私は、来週5月7日(月)の12時~15時頃まで、と最終日14日の夕方に在廊予定です。

第13回 猫の展覧会(横浜)
◎会期:2018年4月26日(木)~5月14日(月)
◎会場:Art Gallery 山手 http://www.art-g-yamate.com/index.html
◎時間:11時~19時(最終日は17時まで)
横浜市中区町山手100 サンセット山手101 TEL:045-628-0267
みなとみらい線 元町中華街駅5番出口より徒歩3分

家族の肖像展・先生との出会い

Written on 4月 30, 2018 at 3:53 PM

現在、大阪の阪神梅田本店 美術画廊で開催中の「家族の肖像展」に恩師の藤木俊明先生が出品しています。

12年前、私が23歳の時にはじめてお会いした時のことを「金髪の若い子が突然現れてビックリした」と
今だに言われます…w 当時は本当に家庭環境が荒れ過ぎてて、それが顔にも出ていたのか…「夢も希望もないって顔してる」と言われるほどでした。

初対面にもかかわらず、芸術に対する熱く真摯なトークを永遠と続ける…そんな人柄に惹かれ、アトリエへ通いはじめました。アトリエは、薄暗い研究所のようなところで最初はびっくりしましたが、その静かな教室が当時の私にとっては唯一、心の休まる場所になっていきました。

もともとは1つの場所にずっといることや縛られることが苦手な性分で、昔はアルバイトや部活動もあまり長続きしない方だったのですが、絵の道に入ってからは一筋に続けてくることができました。
私の場合、絵を描くことに対して「好き」とか「楽しい」という感情よりも、作品と向き合うことで長く胸の奥に抱えているモヤモヤしたものや、心の傷を慰めてもらっているような感覚が強い気がします。

たまに、私の作品をご覧になった方から「子供が好きなの?」「猫を飼っているの?」とか
「温かいご家庭に育った方なのね」なんて言われることがありますが、作品というのは
音楽なんかもそうだと思いますが、手に入らないものや追い求めているものへの渇望感などを
表現する方の方が多いのではないのかなと思います。

ルノワールが幸せ溢れる作品ばかりを描き続けたのは、決して彼が幸せにあふれた人生だったわけではなく、「世の中には不愉快なことがたくさんあるのだから、絵の中だけは明るく、綺麗で、幸せでなければならない」と言っていたそうです。私が明るく穏やかな絵を描きたい理由と似ていると感じました。
ルノワールは自らの人生を通し、世の中の辛い想いを抱える人たちの心を慰め元気づける作品を描くべくして、明るく幸せな絵を描き続けたのではないでしょうか。
絵には人を幸せにする力があるということを私も信じています。

藤木先生の作品は、人柄がにじみ出ていてとても心休まるあたたかい作品です。実物を見に行けなくて残念ですが、個人的に右の2点(ピンクと赤の服を着ている女性の作品)が好きです。

DSCF82152

今回、私も10年程前によく描いていた人物画を急遽2点だけ展示させて頂いています。これまで販売はせずに想い出の作品として眠らせていた作品なので気恥ずかしいのですが…ある意味レアものです。。

DSCF81932
「sleep」油彩・P20号
(10年ほど前はよく人物画を描いていました。寝ポーズが結構好きでした。)

DSCF81872
「平穏」油彩・P8号
(今よりも写実的で色が地味な感じでした。当時の混沌とした心の中が表れていますね…w
絵のモデルさんが当時の自分と重なって見えます…)

会場では7名の作家さん(油彩、日本画、アクリル、パステル、色鉛筆、版画、ペン画など)の人物画や動物画がたくさん出品されているようですので、お近くの方はぜひ♪ 展覧会は明日の17時までです。

DM